• 不動産の売買
  • 経堂司法書士事務所 不動産の売買

不動産の売買

不動産の売買

経堂司法書士事務所 不動産の売買

不動産の売買

不動産を買った場合

不動産の売買があった場合、買い主が不動産の所有権を第三者に対抗するためには、「所有権移転登記」をしなければなりません。
この場合、「所有権移転登記」を含めた一連の登記の申請を司法書士が代理します。
 
 
〈例〉
X銀行の抵当権が付いているA所有の甲土地をBが買い受けたとします。
Bは手持ちのお金だけでは売買代金が支払えないので、Y銀行からお金を借りて、Y銀行はその貸金の担保として、甲土地に抵当権を設定します。
BはAに売買代金を支払い、Aはそのお金を使ってX銀行にお金を返して、X銀行の抵当権を消滅させます。
 
 
上記のような場合、X銀行の「抵当権抹消登記」、Bへの「所有権移転登記」、Y銀行の「抵当権設定登記」を一度に連続して申請することになります。
そのため、上記の売買決済の場には司法書士が立ち会い、取引の安全を図ることになります。
なお、不動産の売買代金決済の立会いには準備が必要なため、遅くとも代金決済日の1~2週間前までにはご依頼ください。
 
当事務所は、多くの不動産会社と協力関係を築いています。
不動産を売りたい方、買いたい方に対し、信頼できる不動産会社をご紹介することも可能です。
また、不動産会社の方に対しては、当事務所が主催する不動産勉強会BUK-KENを通して、売買の成約に繋がる人脈の拡大をご提供することができます。
 
不動産勉強会BUK-KENについて詳しくはコチラのページをご覧ください。
相続対策の一環として、不動産の売買が有効な場合もあります。詳しくはコチラのページをご覧ください。

小田急線経堂駅より徒歩2分 登記・相続の相談は初回無料

小田急線経堂駅より徒歩2分 登記・相続の相談は初回無料

[経堂司法書士事務所]
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-9-4 アルカディア経堂1階
(小田急線 経堂駅より徒歩2分)

経堂司法書士事務所 運営サイト

  • 相続登記世田谷相談所
  • 当司法書士事務所が運営する相続登記手続きに特化した専門サイトです。
  • 会社設立東京オンライン
  • 当司法書士事務所が運営する会社設立に特化した専門サイトです。